2014年01月02日

ゴルフ飛距離を伸ばす方法、体が小さい人でもできるスイング・打ち方(動画)


ゴルフをしたいけど体が小さいんです・・・


背が高くて、スイングの時も勢いがつくならすごい飛ばせる気がする。

でも、体が小さいと飛ばせないんじゃないだろうか・・・
ナイスショットって言ってもらえなそう。


小さいことで運動にはコンプレックスがあります。
それだけが原因ではないとは思うけど、やっぱり苦手意識は捨てられない。


そんなことを思いながら、飛距離を伸ばす方法がないかな〜と思って
調べていると、ゴルフプロのスイングをたくさん見ることができるサイトがありました。

選手の名前をクリックするとスイング動画が見れます。
しかもスローになる!すごっ!!

⇒ スイング分析一覧


まずは見ることってすごい大事なことだと思います。
毎日見ていれば自然とそこにも近づけるはず!


でも、見ているだけじゃ始まらない。
そんなのは当たり前のこと。

これを見ながらゴルフの練習をしていくのはやるとしても、
もっといい方法はないだろうか?


そう思って調べていたら、
こんなことを言っている人を見つけました!


ゴルフに体格や腕力は関係ない

え〜そうなの・・・
そうなんだ・・・


知らなかった。でも、信じられない。


その人は身長161cm、体重52kgで
女性みたいな体格です。

飛ばすことに苦労していたそうですが、
今は平均270ヤード飛ばしています!


その秘密はリズムがちゃんと取れている打ち方にあって、
スコア140前後だった人もこれを知ることで100を切る!

いろいろとゴルフの教材や本はありますが、
それって体格とかは無視されて作られています。


体が小さい人の悩みを知っていてそれを克服している人が
教えてくれるのはとっても貴重。

同じ手順を踏めば
必ず自分もバシバシと飛ばせる様になるはず!


体が小さくても飛距離が伸びるリズムシンクロ打法

一生懸命練習するのはいいことだけど、
その前にちゃんとした理論を知っておきたいな〜




posted by ゴルフマン at 16:27| ゴルフ スイング・打ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。